このサイトはダイキン工業が運営するCG業界ニュースサイトです。
お問い合わせ

すぐそこに迫っているVRビジネスの世界とは(前編)

2016年は「VR(Virtual Reality:仮想現実)元年」と呼ばれた。さらに2017年にはVRビジネスがより大きく展開し、エンターテイメントの世界にも浸透していくだろうと期待されている。その際にまず問題となるのが、HMD(Head Mounted Display:頭部装着ディスプレイ)の普及といえるだろう。

VRを楽しむためにはHMDを頭部に装着することが必須だ。そのため、HMDの価格やスペックがVRの普及にも大きく関与してくる。これまでのVR HMDはスペック的に高い製品は数十万円といった高価格であり、低価格製品はスペック的に満足いくものではなかった。しかし最近になって、価格的にもスペック的にもこなれたHMD製品が登場してきている。

 

もっとも売れているVR HMDが「PlayStation VR」

コンシューマー向けのHMDが登場したのは1990年代にさかのぼるが、VRが楽しめるVR HMDが本格的に市場に投入されたのはわずか数年前のこと。さらに、価格面とスペック面のバランスが取れた製品が登場し始めたのは2016年からといえるだろう。

その代表格といえるのがソニーから発売された「PlayStation VR」だ。それまでの本格的なVR HMDと比べれば比較的低価格(希望小売価格:44,980円+税)でありながら、フルHD(1920×1080ピクセル)、視野角約100度という高スペックさを持つことから人気を呼んでいる。2016年のVR HMD国内出荷台数11.7万台のうち、「PlayStation VR」が91.3%の8.1万台(IDC Japanの発表による)を占めたという。

しかしこの最強に見える「PlayStation VR」にも弱点がある。それは、「PlayStation 4」というハードウェアに依存するということだ。そのため、「PlayStation 4」本体を所有していないと「PlayStation VR」は使うことができない。映画や動画/写真コンテンツを楽しめるとはいえ「PlayStation 4」は基本的にゲームであるため、“ゲーマー”でないと手を出しにくいという難点もある。また、価格面でこなれたとはいえ、“VRのお試し”として4万円以上の出費は高額過ぎるといえるだろう。

 

スマホのVRアプリで手軽にVRが楽しめるVR HMD

「PlayStation VR」の難点を乗り越えるVR HMD「400-MEDIVR3」が、2017年になってサンワサプライから発売された。この製品の優れた点はHMD本体にスマートフォン(4~6インチに対応)を装着するだけでVRが楽しめること。そのため、別途ハードウェアを用意することなく、YouTubeやVRアプリなどで公開されているVRコンテンツを楽しめるようになっている。

 

耳まで包み込み密封性を高めることができるヘッドフォン付きなので、別途ヘッドフォンを用意することなくVRの世界へ没入していくことができる。対応サイズ内なら、メガネをかけたままでHMDの装着が可能なのもうれしいところだろう。

もちろん、スペック的には高価格のVR HMDには及ばないが、税込で4980円(直販サイト価格)とお手頃価格で購入することができる。VRの入門編として最適だといえる。

 

VRの世界に“匂い”が加わるデバイス

2017年内にはVRの世界をもう一歩進化させて楽しめるVRデバイスの発売も予定されている。それは東京を拠点とするスタートアップ企業「VAQSO」が発表したVRデバイス「VAQSO VR」だ。

 

この「VAQSO VR」は単体のVR HMDではない。既存のVR HMDに外付けし装着することで利用できるデバイスである。その特徴としては、VRコンテンツと連動して“匂い”を発すること。デバイスに匂いを発生させるカートリッジを内蔵しており、ワイヤレス通信でデバイスを制御。VRゲームなどのコンテンツと連動して匂いを発生させる仕組みとなっている。匂いが出るタイミングはVRコンテンツと完全に同期することができ、たとえば「銃を撃った数秒後に火薬の匂いが漂う」といったことも、開発者が自由にプログラミングできるという。

カートリッジはスナック菓子の「スニッカーズ」サイズのコンパクトさであり、「PlayStation VR」や「Oculus Rift」「HTC Vive」をはじめ、あらゆるVR HMDに装着することが可能だ。なお、この製品は2017年中に1万円以内での発売を予定しており、1台の「VAQSO VR」に5~10種類の匂いの搭載を目標としている。「VAQSO VR」が登場することで、VRの世界は将来的に「視覚」「聴覚」に加えて「嗅覚」が加わっていくといえるだろう。