このサイトはダイキン工業が運営するCG業界ニュースサイトです。
お問い合わせ

セミナーレポート「Mayaポリゴンモデリングセミナー」1

2017年3月27日、ダイキン工業株式会社において、3DCGクリエイターの牛山雅博氏によるセミナーが行われた。タイトルは、「Mayaポリゴンモデリング 美しい形を生む分割方法の研究」。講師として登壇した牛山氏は、モデリングからアニメーションまで手掛けるクリエイターとして多数の受賞歴を持ち、専門学校の講師も務めるプロフェッショナル。また、牛山氏の手による自主製作アニメーションはその制作技術の高さ、ハイクオリティな映像美から、絶大な支持を集めている。そんな牛山氏が、ご自身が制作時に用いる技法や有益なtipsを披露するということで、セミナー会場にはたくさんのエンジニアやクリエイターが集結した。

ソフトを自在に操ることを目指す前に、準備の大切さを再確認する

冒頭に語られたのは、ソフトの操作方法やテクニックではなく、いわば「心構え」といったもの。モデリングを始める前に終えておくべき準備についての牛山氏なりの考え方だった。モデリングのための資料集めの重要性について牛山氏は、「資料を集め、それを見ながら結果となる形をしっかり理解して作業に入ります。どのような順番でモデリングしていくかの計画を立てるわけです。それをしないと作業は非常に非効率になります」と言う。

「空想上のアイテムを作る時など、ベストな資料が見つからない時があります。だからと言って想像や空想だけに頼ると、結果として嘘っぽいものができ上がってしまう。そんな時は、自分でイメージを形にするラフスケッチを作っておく。もちろん、その際にもスケッチのベースになる資料は必要です」(牛山氏)

ざっくりしたイメージと感性だけでモデリングを進めると、途中で複雑な試行錯誤が必要になるし、ポリゴンの分割の仕方も変わってくる。だからこそ、最初の段階でできるだけイメージを細かい部分まで固め、作業工程も含めた「設計図」を作っておくことが重要になるということだろう。

話題は、徐々に具体的な制作手法の解説に移っていく。人間の手のモデリングを例にした解説では、手の構造はもとより、手を動かした時にどのように見えるか、視点の位置によって、見えなくなる部分はどこか、といったことを念頭に置くことの大切さが語られた。牛山氏が実際に描いた手のスケッチを見ながら、あとになって大幅に修正する必要がないようにするために、事前に完璧な準備を進めておくことが改めて強調された。

視点によってモデルの再集計が決定されるということを、感覚的に知る

続いては、モデリングの際のカメラの画角と焦点距離について。モデルが歪んだりバランスを崩したりしないよう、自然に見える画角を設定することの必要性が、牛山氏の経験を踏まえて紹介された。

今回、デモンストレーションに用いられているオートデスクのMayaが、135フィルム(35㎜)スチルカメラの焦点距離を基準にしていること、実際のポートレート撮影では85㎜~135㎜の中望遠レンズが用いられていることを踏まえ、人間の頭部などをモデリングする際に最適な画角について解説が進められた。牛山氏が頭部をモデリングする時に最適だと考え、実際に採用している焦点距離は85㎜~100㎜程度。人の身長を超えるような大きいサイズをモデリングする際は35㎜~60㎜くらいが丁度よいと考えているそうだ。

 

「Mayaポリゴンモデリングセミナー」2 に続く