このサイトはダイキン工業が運営するCG業界ニュースサイトです。
お問い合わせ

Unite 2017 Tokyoレポート「僕らのVR元年はこれからだ!少人数開発 PS VR『ヘディング工場』企画とアートと技術と。」1

5月8日、9日の2日間に渡り、東京国際フォーラムにおいて「Unite 2017 Tokyo」が開催された。Unite 2017 Tokyoとは、ユニティ・テクノロジーズ(本社:アメリカ)が開発したゲームエンジン「Unity」ユーザーのための一大カンファレンスイベントで、各種セッションやブース出展を通じ、ユーザーがUnityへの理解度を高め、利用方法のバリエーションなどを増やすことが目的である。イベントでは本社スタッフをはじめ、Unityを活用する企業のメンバーなどが多数登壇し、ゲーム制作の枠を超えた興味深いセッションが行われた。

この最先端情報満載のカンファレンスの中から、いくつかのセッションを抽出。ゲーム制作に携わる人たち、あるいは、ゲーム業界に近いところで活躍する人たちに向けてレポートをお届けする。

新感覚VRゲームの裏側に流れる、考え抜かれたコンセプト

ヴァーチャル・リアリティ(VR)をテーマにした旬なセッションに登場した登壇者は2名。北尾雄一郎氏は、家庭用、スマートフォン、アーケード、そしてVR向けゲームなどを手掛けるスタジオ「ジェムドロップ株式会社」(以下、ジェムドロップ)の代表取締役を務める。増田幸紀氏は同社のアートディレクター。ソフトハウスの株式会社トライエースで17年間RPG制作に携わり、ジェムドロップに移籍。「ヘディング工場」というゲーム制作などに参画している。

気鋭のゲームスタジオのキーマン2人が選んだのは、「インディー開発の裏側」というテーマ。VRゲーム制作分野にも進出しているジェムドロップの精鋭が語る、現場の裏話は、単なるエピソードトークに留まらない、クリエイターへの示唆に富んだ内容になるのではないか。

今回のセッションで取り上げるのは、「ヘディング工場」という一風変わった名前を冠せられ、今年の2月にリリースされたPlayStationVR用のゲーム。コントローラー、文字、文章、説明を一切使わないという斬新な条件の元、「頭だけを使うVRヘディングアドベンチャー」(北尾氏)として誕生した。その名の通り、飛んでくるボールを「ヘディング」で打ち返し、眼前のオブジェクトを破壊したり、謎を解いたりするという内容のVRゲームになっている。アジアはもとより、欧州・北米でもリリースが予定されているとのこと。

セッションの冒頭では、このゲームのPV映像に続いて、以下のような開発コンセプトも紹介された。

  •  だれでも遊べるVRゲーム(VRが初めての人でも遊べる)
  • 今までのゲームのお約束をすべて捨てる
  • 一番台数の出ているヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)にまずはリリースする

北尾氏いわく、これは「表」のコンセプト。「表」があれば、本音の「裏」もある。

実は「裏」コンセプトは以下のようなものだった。

  • 僕らがVR初めてすぎて無理をしないように
  • とにかく短期間で制作(自社パブのため)
  • スペックが不定のハード向けに作るのが怖い

以上のような、素直な本音も入り混じったコンセプトから導き出された開発方針は、実にリアルで確固としたものであった。北尾氏は語る。

「とにかく、コントローラー、文字、文章、説明、UIを使わない代わりに、視線誘導を取り入れようということになりました。開発当時は、既にいろいろなVRゲームが出て来始めていた時期なのですが、我々独自の手法として、『頭を使って』プレイすることでゲーム性を出そうと試みました。イメージしたのはテーマパークにあるライド物のアトラクションのような形です」

 

 

「僕らのVR元年はこれからだ!少人数開発 PS VR『ヘディング工場』企画とアートと技術と。」2に続く

■Unite 2017 Tokyo オフィシャルサイト https://unite.unity.com/ja/2017/tokyo