このサイトはダイキン工業が運営するCG業界ニュースサイトです。
お問い合わせ

日本伝統のワークフローでデジタルアニメを制作できるToon Boom社のツール(1)

『ACTF(アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム)』はアニメーションの制作者が必要とする、デジタル制作技術に関する情報を提供するイベント。そのため、参加資格は商業アニメーション制作の従事者、制作会社に限られている。
本年度は2月10日、東京会場および全国各地のサテライト会場にて、『ACTF2018』が開催された。イベント内容は事例紹介などのメインセッションとセミナー、展示だ。本稿ではダイキン工業株式会社のセミナーの模様をお届けする。

ワークフロー全体をカバーするToon Boom社製品

ダイキン工業株式会社のセミナーでは、Toon Boom Animation社の製品について解説が行なわれた。Toon Boom Animation社の製品は『Storyboard Pro』と『Harmony』、『Producer』というラインアップ。
Storyboard Proは、絵コンテ作成のためのソフトウェアだ。絵コンテに音声などの情報を追加することができ、アニマティクスの出力にも対応している。Harmonyはアニメ制作ソフトウェア。Harmonyでは従来型のセルアニメを作成することが可能で、デジタルのカットアウトアニメーション制作にも対応している。Producerはアニメの制作管理に使用するソフトウェアとなっている。
3つのソフトウェアを利用することで、パイプラインの統合的管理が可能となる。

Harmonyに搭載されている機能は描画、中割、ペイント、タイムシート、撮影、エフェクト、OpenFXサポートなどだ。
といっても、海外生まれのソフトウェアで日本的なアニメが作れるのか、疑問に思う人もいるだろう。そこでセミナーでは、実際にStoryboard ProとHarmonyでアニメを制作したスタッフが登壇、両ソフトでの作業について語ってくれた。

Storyboard ProとHarmonyによるアニメ制作

登場したのは、D’ART Shtajio(デ・アート シタジオ)のHenry Thurlow氏と、愛敬亮太氏。制作された作品は『少女のピエロ』だ。

前半はHenry Thurlow氏が解説を行なった。Henry氏は来日してアニメ業界入りし、2017年共同でスタジオを立ち上げている。Henry氏はこれからの時代はデジタルアニメーションなので、スタジオをデジタル化しようと考えた。しかし、導入すべきソフトが分からなかった。
そんな折2017年のACTFに参加、そこでHarmonyに出会った。Harmonyは「面白そう」だとは思ったが、日本のアニメ業界のワークフローを完璧にこなせるという確信は持てなかった。
そこで、実際にアニメ制作に使用。その結果、作品を作り上げることができたのだ。会場でも『少女のピエロ』が上映された。

少女のピエロは背景以外100%、Storyboard Pro+Harmonyで制作されているという。Storyboard Proで絵コンテを描き、Harmonyにインポート。その先の工程では、レイアウトから最後の撮影までHarmony以外は使われていない。

Henry氏はHarmonyで実際のファイルを開いて見せた。ファイルは多数のレイヤーで構成されているが、その名前にはラフ、Aセル、LO原画、Aセル作監、Aセル二原画、Aセル二原作監、Aセル動画などが並んでいる。

 

鉛筆と紙で原画を描く場合、描き終わった原画はカット袋に入れて作画監督に渡す。Harmonyでは描き終わったらファイルを保存して作画監督に渡す。作画監督が作監用のレイヤーを作成して修正を描き込む。同様に二原画マンも、二原画レイヤーに描き、再び作画監督にファイルを渡すという流れとなる。
動画が終わったら、作業は仕上げへと移る。

 

(日本伝統のワークフローでデジタルアニメを制作できるToon Boom社のツール(2)へ続く)