このサイトはダイキン工業が運営するCG業界ニュースサイトです。
お問い合わせ

「コンテンツ東京2018」イベントレポート ~VR/AR/MR関連デバイスやコンテンツを多数展示~


去る2018年4月4日~6日、東京・お台場の「東京ビッグサイト」にて、日本最大級のコンテンツビジネス総合展示会「コンテンツ東京2018」が開催された。同イベントには1540社もの企業が出展し大盛況のうちに閉幕した。

「コンテンツ東京」とは、コンテンツ制作に関わるものをまとめて展示するイベントの総称となっており、その中では「AI・人工知能EXPO」「コンテンツマーケティングEXPO」「クリエイターEXPO」「ライセンシングジャパン」「コンテンツ配信・管理ソリューション展」「映像・CG制作展」「先端デジタルテクノロジー展」「グラフィックデザインEXPO」といったジャンルごとの展示会が一斉におこなわれた。さらに、特設展として「VR・MR・ARワールド」も開催されている。

本稿では一番の盛り上がりを見せていた「先端デジタルテクノロジー展」や「VR・MR・ARワールド」を中心に、「コンテンツ東京2018」の出展ブースの模様を紹介していきたい。

VR空間で魚釣りができる「釣り★スタVR」

株式会社グリーでは、レノボ・ジャパンのスタンドアロン型HMD「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を利用したVR釣りゲーム「釣り★スタVR」の体験コーナーが用意されていた。「釣り★スタVR」は、人気ソーシャルゲーム「釣り★スタ」をVR化したもので、HMDを使うことでリアルな釣りのヴァーチャル体験ができるものとなっている。

リアルなVR体験ができる「DPVR 4D」

株式会社カジ・コーポレーションのブースでは、パソコンやスマートフォンを必要としないスタンドアロン型VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「DPVR 4D」が展示されていた。また、「DPVR 4D」とシンクロさせて4D体験が楽しめる卵形椅子の体験コーナーも用意。椅子が映像に連動して動くだけでなく、風までシンクロするVR体験を楽しめた。

スタンドアロン型HMD「Pico Goblin」

Pico Technology Japan 株式会社のブースでも、スタンドアロン型のVR HMD「Pico Goblin」が展示されていた。この「Pico Goblin」は2.5Kの5.5インチ高速スクリーンを搭載しており、単体でさまざまなVRコンテンツを楽しむことができた。

アプリ不要のAR「アプリレスAR」

株式会社OMNIBUS JAPANでは、専用アプリのインストールや事前登録などが不要な「アプリレスAR」を出展していた。同時に、複数人でVR映像を同時に体験できるドーム型のコンテンツも紹介されていた。

縦と横で映像が切り替わる「タテヨコ」

アニメーション制作会社の神風動画では、スマートフォン画面の縦画面/横画面でそれぞれ別の映像が楽しめたり、異なる声優のボイスが楽しめたりする技術「タテヨコ」を展示していた。出展ブースでは同社が制作したTVアニメーション『ポプテピピック』を使って、画面を縦にすると、おみくじ占いがランダムで次々に表示され、来場者がカメラで撮影するといったイベントを行っていた。

3Dメガネなしで立体映像が見られる「たしてんインタラクティヴ」

株式会社たしてんでは、メガネやゴーグルをかけずに映像が立体的に見られるディスプレイ技術「たしてんインタラクティヴ」を展示していた。このソフトウェア技術を利用すると、リアルタイムに3DCGを立体視表示できるようになるという。

 

東京の街並みをVRで再現した「REAL 3DMAP TOKYO for VR」

株式会社キャドセンターではいくつかVRコンテンツを出展していたが、そのメインは「REAL 3DMAP TOKYO for VR」。VRで東京の街並みをリアルに再現したものだ。このコンテンツは映画『いぬやしき』でも使われており、この映画をVRゲームにした「いぬやしきVR」も体験することができた。

 

今年の「コンテンツ東京」では、スタンドアロン型のVR HMDが各社から展示されていたほか、そのスタンドアロン型VR HMDを活用したVRコンテンツも目立っていた。2018年度は、パソコンもスマートフォンも必要ないスタンドアロン型VR HMDの年になると感じさせてくれるイベントであった。

関連記事
No articles